磯辺シーグルス 概要

磯辺シーグルスは、千葉市美浜区に拠点を置く、少年軟式野球チームです。

 昭和53年5月、磯辺自治会の境田氏、森永氏、渡辺氏が発起人となり、磯辺自治会の子供たちを募って発足されました。初代監督は秋山氏、コーチは宮本氏他6名、部員20数名でのスタートでした。

 チーム名の“シーグルス”は、磯辺が海に近いということで、子供達がかもめのように大空に羽ばたくように!という父兄の願いを込めて決められたものです。ユニフォームは初代監督の秋山氏のデザインによるものです。

 チーム発足当初、練習は学校建設予定の空き地(現磯辺三小)で行っていました。学校建設工事の開始とともに北高浜公園(現通称シーグラ)に移動、磯辺三小の開校後は再び校庭を使わせていただいています。

 平成20年には創立30周年を迎え、稲毛海岸駅側のベルシオーネ若潮会館で創立30周年記念パーティをおこないました。地元でも有数の歴史ある少年野球チームです。